寝て痩せる!?おすすめ睡眠法と5つの準備

こんにちは!ぽこです❁

とにかく寝るのが大好きな私ですが、休日前はつい夜更かししてしまうことも…

また、寝つきが悪かったり沢山寝たのに疲れが取れてないなんてこともあります?

今回は睡眠がもたらす美容効果と質の高い睡眠をとる方法などをまとめてみました!

スポンサードサーチ

▶睡眠と健康と美容の関係性

まず皆さんはいつもの睡眠時間でちゃんと足りていますか?

実際にベッドにいる時間が6時間未満の人は寝不足だと感じてしまうんだとか

例えば、

・普段から眠気を感じやすい

・集中力が続かない

・小さなことでイライラしてしまう

・疲れが取れにくい

・以前に比べて太りやすくなった

などの症状がある方は「隠れ睡眠不足」の可能性も!

人は「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という二つの睡眠状態を交互に繰り返します。

このバランスが崩れてしまうと質の高い睡眠が出来なくなってしまうのです。

▷睡眠と健康

睡眠不足によって感じる症状として1番分かりやすいのが眠気と疲れ。

実は1日の徹夜と毎日2時間の睡眠不足を比べると、毎日2時間の睡眠不足が積み重なった方が身体へのダメージが大きいんだとか。

▷睡眠と美容

睡眠不足によって肌荒れが起きてしまったこと、私もあります。

でも実は睡眠不足が肥満の原因になるのをご存知でしたか?

睡眠の質が低下すると、エネルギーを補うために食欲を増進するホルモン「グレリン」の分泌量が増え、食欲を抑制するホルモン「レプチン」の分泌量が減ってしまいます。

つまり睡眠不足によって「食べ過ぎ」を引き起こし、知らぬ間に痩せにくい身体になってしまっているのです■

▶有能!成長ホルモン!

入眠後約20~30分後に深い眠り(ノンレム睡眠)が訪れるとされていますが、この時間に成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンが身体にとっていいこと尽くしの有能ホルモンなんです!!

 

  • 抵抗力・免疫力UP

成長ホルモンは身体の修復・回復をして、身体の働きを正常に保つことによって病気への抵抗力・免疫力をUPさせる効果があります。

身体を健康を維持するためには必要不可欠な存在と言えます。

  • 美肌効果

これは言わずと知れた効果ですね。

身体の修復と回復の中にはもちろん肌も含まれます。寝ている間に肌の新陳代謝をUPさせることにより、血行が良くなりくすみやニキビなどの軽減に繋がり美肌に。

更に肌のターンオーバーがスムーズになることでシミ・シワの防止、アンチエイジング効果も期待できるということですね?

  • ダイエット効果

この効果は女性に耳寄り情報ですね!

成長ホルモンは「痩せホルモン」とも呼ばれ脂肪を分解する効果があります。

しっかりと眠ることが出来れば1日当たり約300kcalもの脂肪を消費してくれます。

300kcalというとジョギングを1時間した時と同じくらいの消費カロリーですね。

正しく寝るだけでこれだけの効果があるのならやらなきゃ損ですよね!!

▶おすすめ『3-3-7睡眠法』

睡眠の効果を最大限に引き出すために私が参考にさせていただいた、

<30年で3万人の肥満治療をした肥満外来の専門医である左藤桂子さんの著書「痩せる寝方(大和書房)」>によると『3-3-7睡眠法』が成長ホルモンの分泌に適した寝方なんだとか!!

 

3:夜中の3時には眠っていること

3:最初の3時間は中断しないこと

7:トータルの睡眠時間は7時間を目指すこと

※「痩せる寝方」P41より引用

 

この寝方を最初に聞いた時に「こんなことで変わるの!?」と純粋に思ってしまいました?

でも確かにその「こんなこと」が出来ていない自分がいて、当たり前のことを当たり前にすることを意識する。

それで体が変わるならやらなきゃ損ですよね!!

▶最高の眠り方のための5ステップ

とはいえ私は「ベッドに入ったらすぐに眠れるよ!」というわけではないので準備が必要でした。

質の高い眠りを手に入れるために私がかき集めて実践した内容で効いたな!と思ったものを紹介していきたいと思います?

  • 寝る3時間前までには夕食を済ませる
    →食べ過ぎ注意!消化のために内臓が働くため疲れが取れにくくなることも。
  • お風呂に入る準備!身支度や片付けなどを済ませる。
    →お風呂から上がったら何もしないためにやることを終わらせておきましょう。
    PCやスマホも触らなくなるためアラームの準備もしておきます。
  • 寝る1時間前にお風呂に入る
    →しっかりと湯船に浸かって身体の疲れを癒す。20~30分程度。
  • 入浴後はスキンケアやストレッチでのんびり
    →髪を乾かしたり歯を磨いたりと意外とやることは多いですよね。
    30分を目安に全部終わらせます!スマホは見ないこと!
  • ベッドにはいって腹式呼吸
    →リラックス効果のある腹式呼吸で眠気を誘います。
    鼻から吸ってお腹を膨らませ、口から息をゆっくり吐きます。

以上が私流最高の眠り方です!!

身体をしっかりと温めた後にゆっくりと体温が下がることで眠気が襲ってくるのでこのタイミングで寝るととてもいい眠りにつけます。

そのために、お風呂に浸かることと、スマホをなるべく見ないことはとても重要なことなので頑張ってみてください!!

▶さいごに

「寝る」という行為は生まれてから誰に教わったわけでもないので、誰もが当たり前にやっているものです。

だからこそ自分が眠り方で損をしているなんて気づきもしませんよね!

どうせなら寝るなら得する眠り方をするために、自分の眠り方を見直してみてはいかがですか?

コメント