むくみが発生する8つの原因と解消法

こんにちは!ぽこです❁

朝起きたら顔がパンパンに腫れている!

仕事を一日頑張って帰る頃には足がパンパンで痛い!

そのむくみ、放置することに大変なことになるかもしれませんよ?

スポンサードサーチ

▶むくみの原因

むくみとは血液やリンパの流れが悪くなり、体の中の老廃物・毒素・水分がうまく排出できずに肌の内側に溜まっている状態とを言います。

いつもより腫れて大きく見えたり、指で押すと凹んで跡がすぐに元には戻らなかったりといった特徴があります

むくんでいる状態があまりわからないという方も多いですが、例えば…

 

・朝起きるといつもと顔が違って目が腫れぼったい

・夕方になると足が重たい、痛い、だるい

・顔や脚など身体の一部分だけ太っている

 

などに心当たりはありませんか?

あればそれがむくんでいる状態です。

ではどうしてむくみが発生してしまうのでしょうか?

 

原因①:長時間同じ姿勢

ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれており、上から下へ流れてきた血液やリンパを上へ戻すポンプのような役割をする大事な部分です。

しかし立ちっぱなしや座りっぱなしでいるとふくらはぎが動けなくなり、ポンプが作動せず老廃物が足にどんどん溜まってしまいむくんでしまいます。

原因②:運動不足

これもふくらはぎの筋力が低下することにより、ポンプがうまく作動しないことでむくみに繋がります。

原因③:塩分の摂り過ぎ

濃い味が好きな方は食事から塩分を摂り過ぎてしまい、そのため体内の塩分濃度の調整のために水分を大量に摂取することになります。

味の濃いものを食べた後に喉が渇くのもそのためです。

大量に摂取した水分は血管周りに溢れてしまい、むくみへと繋がります。

原因④:糖分の摂り過ぎ

糖質は体内で水分をまとう性質があるため、大量に摂取すれば体内に水分が溜まりすぎてしまいむくみに繋がります。

原因⑤:アルコールの摂り過ぎ

お酒も体内のアルコール濃度を調節するために水分を欲します。

更に酔っていると水分調節が上手くできなくなってしまい余計に体内に水分を溜めこみ、むくみに繋がります。

原因⑥:水分不足

水分の摂り過ぎによるむくみを挙げてきましたが、むくみになるのを気にしすぎて水分を控えている方も危険です。

水分不足を感じた体は、水分を溜めこむようになるからです。

原因⑦:冷え

冷えによる血行不良で指先まで届くはずの血液の流れが悪くなり、むくみに繋がります。

原因⑧:女性ホルモン

妊娠中や月経前にもむくみの症状は現れます。

これは黄体ホルモンという物質が体内に水分を溜めやすくするためです。

▶原因に合わせた解消法

原因①②の解消法

→ふくらはぎのポンプを働かせることがポイントなので、1時間に10回程度の屈伸運動が効果的!

難しい方でもトイレに行くたびに屈伸をするなど工夫をしてみてください!

あとは座ったままできるストレッチもおすすめ!

★座ったままできるむくみ解消ストレッチ!!

①背もたれは使わないように背筋を伸ばして座る。
②足を少し浮かせてブラブラ交互に揺らす。

★グーパーストレッチ!!

靴を脱いで指先をグーパーグーパーといった感じに握って開いてを繰り返すことで、指先の血流がよくなるためむくみ防止に繋がる。

 

原因③の解消法

→塩分の摂り過ぎにより水分を大量摂取してしまった場合は「カリウム」を摂取しましょう。

カリウムは汗や尿から不要な塩分を排出する働きがあります。

カリウムを多く含む食材パセリ・アボカド・ほうれん草・グレープフルーツ etc

原因④⑤の解消法

→水分を摂り過ぎてしまった場合はコーヒーやお茶に含まれる「カフェイン」を摂取しましょう。

カフェインは利尿作用があるため溜めこんだ水分を排出するのに効果的!

ただし身体が冷えてしまう効果もあるので摂り過ぎには摂取しましょう!

原因⑥の解消法

→水分不足は単純に水分を摂取することで解決出来ます。

しかし摂った水分はその分排出することを意識しておきましょう。

原因⑦の解消法

→冷えによるむくみは温めることが一番です。

冷たい飲み物はなるべく控え、温かい飲み物を摂取するようにしましょう。

また夜はしっかりと湯船に浸かり、体全体を温めて血行を促進するのも重要です。

原因⑧の解消法

→生理前のむくみはPMS(生理前症候群)の改善にも繋がります。

漢方の力を借りて改善したり、ひどい場合は婦人科で相談してみるのも一つの手です。

▶セルライト予防に効果的なマッサージ

むくみを放置放置するとそれに脂肪細胞がくっついてセルライトになってしまうことも!!

水分や老廃物は重量によって下へ下へと溜まっていくため、ふくらはぎのポンプが上手く作動しないとどうしても足にセルライトが出来やすい状態となってしまうのです。

そこで!セルライトにならないためにもマッサージをやるのがおすすめ!

セラピスト時代に見つけた老廃物が溜まりやすいポイントを踏まえて、より簡単に手早くできるリンパマッサージをご紹介します!

老廃物は基本的に骨にくっつくようにして溜まっているイメージです。

よって骨の周りを集中的に流しましょう!

POINT

 

①②③足首は一番地面に近い関節のためかなり老廃物は溜まっていますが意外と忘れがちな部分です。赤く塗ってある部分を入念に上へ上へと持ち上げていくようにマッサージしましょう。

 

ふくらはぎの内側には水色のラインの様な大きな骨があります。この骨の内側を抉るように上へと流していきます。これは結構痛いと思うので無理に強くせずに「これくらいなら続けられる」くらいの力加減で大丈夫です。続けて膝周りも骨に沿って流します。膝の横★マークの部分は特にしっかり目に!膝裏も忘れずに!

 

⑤最後に内ももです。一番セルライトが出来やすい部分です。ここではとにかく①~④までで持ってきた老廃物を鼠径部まで流し切ります。下着のラインですね!ここまで流しきってやっとゴールです!!

 

今回は内側のリンパマッサージ法を集中して説明しましたが、外側に関してはマッサージというよりはグーでトントン叩く感じで大丈夫です。

というのも、外側は筋肉が張っていることが多いのでマッサージをしようとすると疲れてしまい続かないという方が多いからです。

とりあえず内側をまずはしっかり流していきましょう!

マッサージの前に仰向けで横になり、そのまま片足ずつ「膝が胸につくまで曲げて下す」というのをゆっくりとやってみてください。

重たく感じた側の足からマッサージをして、終わったらもう一度曲げ伸ばしをやってみましょう。

マッサージをした側の足が軽くなっていたら流れがよくなっている証拠です?

▶おすすめスリミングアイテム

マッサージに必要なジェルやオイルですが、どうせやるなら痩身効果の入ったものを使った方が効果を実感しやすいです。

実際に私が続けやすかった、効果が実感できたというアイテムを何点かご紹介いたします♪

イルコルポ ミネラルフィットスムーサー

言わずと知れたイルコルポ!

色んな雑誌でも紹介されているので知っている方も多いのではないでしょうか?

こちらはお風呂で使うタイプのボディスクラブです。

少し硬めのテクスチャーで粒も荒めです。肌の弱い私はボディスクラブを使うとすぐに荒れてしまうので元々苦手だったのですが、イルコルポのボディスクラブはだんだんと溶けてオイルっぽくなっていくので問題な使用できました!

しかもむくみは勿論スッキリだしお肌はツルッツルになるし更に痩身効果が入っているという…

何よりお風呂で全身に使えるから楽に続けられました!!

もっと詳しく見る

◆ミネラルフィットスムーサーをお得に試す方法「ミネラルフィットスムーサー お試しトライアルセット

【セット内容】
・全身用ブライトニング美容液×2包
・スリミングボディクリーム×2包
【価格】648円(税込) ※送料無料
【内容量】60g 全身約2回分

ボディスクラブは合う合わないがあるのでこの価格で一度試せるのは嬉しいですね!

トライアルセットを見てみる

 

個人的にはこの全身タイプが好きなんですが足を集中してケアしたい!という方には「ミネラルレッグスムーサー」美脚を追求して開発された本格マッサージ剤 もおすすめです?

どちらもお試しトライアルセットが用意されているので是非一度試してほしいイルコルポ!!

ヴェレダ ホワイトバーチ ボディオイル

こちらも有名なヴェレダです!

ヴェレダの魅力は効果はもちろんですが加えて手に入りやすいところもあるかと思います!

実際に多くの芸能人が使用しているという声も聞くヴェレダですが、先ほど紹介したイルコルポとは違いお風呂から出てゆっくりとマッサージするオイルタイプです。

これは本当に肌なじみが良いことと香りが個人的には大好きです♡

ヴェレダからは他にもたくさんのオイルがありますが、痩身効果・むくみ解消を狙うなら絶対にホワイトバーチがおすすめです!

マッサージに初めて挑戦するという方に使ってみてほしいです!

もっと詳しく見る

▶さいごに

女性は男性よりも筋肉量が少ないため、どうしても冷えやすくなるし、どうしても脂肪は付きやすいし、どうしてもむくみやすいものです。

それでも解消方法は必ず用意されています。

自分がどうしてむくんでしまっているのかを見極め、どうしたら解消できるのか考えてみましょう!

また、どんなむくみにもマッサージは一番効果がでると言えます!

思い切って挑戦してみると意外にハマっちゃうかもしれませんよ?

むくみが取れるだけで、見た目にも体感にも大きな変化が表れるはずです!

むくみのない身体、むくまない身体を目指しましょう?

コメント