【添加物】コンビニダイエットをお勧めしない3つの理由<何のために痩せるのか>

こんにちは!ぽこです❁

皆さんはコンビニを利用しますか?

近くにあって夜遅くまでやっていて何かと便利でつい利用しちゃうんですよね!

つい最近コンビニダイエットというワードを耳にしたのですがこれってちょっと矛盾してませんか?

今回は私が絶対やめた方がいいと断言するコンビニダイエットについてまとめてみました。

スポンサードサーチ

コンビニダイエットとは

コンビニダイエットについて初めて聞いた!という方のためにどんなダイエット方なのかをご紹介。

忙しい人でも気軽に出来るダイエット法

コンビニにある野菜スムージーでファスティングをしたり、野菜サラダを食べてカロリーを抑えたり、サラダチキンでタンパク質を摂ったり…

簡単に始められて、作る手間も掛からず、高いお金を払って健康食品を買う必要もない!!

ということで巷で流行っているみたいですね…

 

いやいや、ちょっと待ってください!!

そもそもなんのためにダイエットをするのですか?

痩せたいから?

綺麗になりたいから?

健康を維持するため?

 

では、体重が減れば成功でしょうか?

見た目が細くなれば、綺麗になれたら全てOKですか?

 

将来子供を産んで育てたいなら、このダイエットは直ぐに辞めることをオススメします。

女性だけの話ではなくもちろん男性もです。

カップルで、夫婦揃ってコンビニダイエット♡なんて絶対にダメです!

 

意識が高い。気にしすぎ。はいけないことではありません。

 

問題なのは、意識をしないこと。気にしないこと。

つまり意識をして気にする知識がないことです。

 

なんだか今日のぽこ怖いね…

…熱が入り過ぎてしまいましたね😅

それではコンビニダイエットをお勧めしない理由、説明していきます!

理由1:栄養素がほとんど含まれていない

以下はコンビニダイエットでよく利用されるコンビニの食べ物たちです。

この食べ物たちで本当に栄養が摂取できるのか見ていきましょう。

野菜スムージー

味は美味しいので飲みやすいのですが、結局はジュースです。

砂糖、もしくは人工甘味料により甘くしていることが多いです。

さらに、製造方法は濃縮還元によるものが多いため栄養素はほぼ残っていないと言えます。

つまり「1日分の野菜が摂れる」というのは信じがたい話なのです。

野菜スムージーでファスティング?

この野菜スムージーを酵素ドリンクの代わりにファスティングをするという話を聞きました。

ファスティング(断食)をすれば痩せます。

でもそれは飲んでいるドリンクの効果ではありません。

断食によるカロリー制限によって体重が減っているだけです。

そもそも野菜ジュースで事足りるならば、酵素ドリンクというものは存在していないはずです。

野菜ジュースと酵素ドリンクの違い、酵素とはなんなのかについては別記事でまとめているので是非参考にしてみてください!

野菜サラダ

野菜はカロリーも低く栄養素も豊富なダイエットの基本とも言えますよね!

生きた酵素を摂るには生の野菜が1番です。

コンビニのサラダの栄養素は?

でも実はコンビニのサラダの栄養素はほとんど流れ出てしまい残っていないのです。

さらに、生の状態で保存するにはそれなりの添加物も含まれているということ…

「野菜の味がする葉っぱ」という表現を聞いたことがありますがその通りだと思います。

そのうえコスパも悪いため、面倒臭くても自分でサラダを作ることをオススメします。

 

サラダチキン

これはダイエッターさんたちの間でもかなり流行りましたね。

沢山の味が出ていて美味しいので今でも人気の商品ですよね!

4分で出来るサラダチキン

サラダチキンは鶏の胸肉を茹でた食べ物ですが、コンビニのサラダチキンには長期保存のための添加物が豊富に含まれています。

実際に家でサラダチキンを手作りしてみると味の違いに驚きました。

添加物の”味”というものを初めて実感しました。

実はサラダチキンは家で4分で作ることが出来ます!しかも低コストで!

一度皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

理由2:添加物が多い

コンビニの食べ物には必要以上の添加物が含まれています。

この添加物について気にするかどうかは個人の自由です。

私もいつもは気にせず食べてます😤

ただし!!

コンビニ“ダイエット”をしているのであれば

少なからず気にするべきなのではないでしょうか?

コンビニダイエットを続けると

外見だけ痩せて綺麗になったように見えても中身が汚れていてはそれを維持することは出来ません。

リバウンドに繋がるだけです。

偏った栄養バランスで体調を崩したり、自律神経の乱れにも繋がります。

将来の子供への影響

また、将来赤ちゃんを産んで育てたいと考えている方はなおさら自分の身体を大事にしてほしいのです。

赤ちゃんを産むための精子と卵子は親の栄養から作られます。

長い間赤ちゃん守ることになる女性体は、いわば赤ちゃんにとってのホテルのようなものです。

そのホテルを高級ホテルにするのも、冷えて汚いホテルにするのも自分次第です。

理由3:コスパが悪い

スーパーによく行く方は分かるかと思いますが、野菜を買ってサラダを作る、鶏むね肉を買ってサラダチキンを作る方が確実に価格は安く押さえられます。

 

実際にサラダチキン一つが大体200円前後。

スーパーで鶏むね肉を購入したとしたらどれだけ高くても100円にも及ばないはずです。

後はレンジで調理をするだけで簡単に美味しいサラダチキンが出来上がります。

価格を抑え、栄養価は逃さず、余計な添加物は摂らない食事が出来るのならこちらのほうがよくないですか?

添加物は避けられない

ここまでしつこく『添加物』と唱えてきましたが、実は私「添加物完全否定派」ではないのです。

なぜなら、世の中に出回っているものには全てに意味があると思っているからです。

例えば、サプリは現代の食生活で不足しがちな栄養素を補うために生まれています。

そして食品添加物は食べ物を美味しく加工したり、長期保存をするために生まれています。

添加物に助けられている

私たちがコンビニやスーパーの食べ物を安心して口に入れることが出来るのは添加物のおかげとも言えるのです。

実際に私たちが口にしている添加物と呼ばれるものは、安全性とその有効性が厚生労働大臣に認められたものです。

つまり現代社会における食品添加物とは本来であれば「摂らなくて良いもの」だけど、食品の安全性面を考えると「摂らざるを得ないもの」となっているのです。

添加物の役割と危険性

コンビニにはいつ行っても美味しく食べることが出来る食べ物が沢山置いてありますよね。

これらは、添加物によって”保存”と”美味しさ”を付け加えられたコンビニ食の正体なのです。

この添加物まみれの食べ物を食べるも食べないも個人の自由なのでそこはお好きに選んでいただいていいと私は思っています。

ただし、添加物は普通の栄養素とは違うため体の中に微量ずつではありますが蓄積され、それが肌トラブルや将来の生活習慣病へのリスクになる可能性もあることは理解しておきましょう!

さいごに

このコンビニダイエットも誰かが考案して誰かが発信をしたのでしょう。

影響力のある人が発信をするやっぱり真似をしたくなるものです。

だけど自分の身体で、自分の未来を守るのは自分自身です。

目的と目標を今一度見直して、なりたい自分を忘れないようにしましょう。